屋根のリフォーム工事、塗装に掛かる費用がポイント

yanekoujiinfo.com On 5月 - 17 - 2016

屋根のリフォームのポイント
屋根は外壁に比べて目につきにくく、パッと見て傷んでいる、劣化しているという事に気づきにくい場所です。しかし実は雨、風、紫外線の影響を一番受けて劣化しやすいのが屋根なのです。屋根が傷むという事は、雨漏りもしやすくなります。雨漏りをしてしまってからでは、その下の家具、家財、床などが傷んでしまい修理するのに大変な費用と時間がかかってしまいます。そうなってしまう前に点検・屋根のリフォームを行うことが、屋根を長く使うポイントです。

屋根塗装・屋根のリフォーム工事の種類

屋根のリフォームには「塗り替え(塗装)」「重ねぶき(カバー工法)」「ふき替え」の3種類があります。7年から10年で「塗り替え」を行い、15年から20年で「ふき替え」を行うことが多いです。塗り替えは屋根材に塗料を塗布する作業で、手軽にできる屋根のリフォームです。セメント瓦、スレート屋根、金属屋根に施される屋根のリフォームで、日本瓦では行いません。日本瓦は、耐久性が高く塗り替えなどを行うことなく50年から100年という長期にわたって使用することができます。しかし、重量があり地震などの防災の面で近年は減少しています。

屋根塗装のメリット

スレート瓦や、金属屋根、トタン屋根を塗り替えるとき塗ってみて明らかに変わるのが外観です。少ししか見えていない屋根でも、塗り替えると家全体が見違えるほど変わってきます。劣化により白っぽくなったり錆びていたり、苔が生えてしまう事もあります。こういった変化が明らかに見られるようなら、屋根のリフォームを考えてみてもいいでしょう。屋根塗装をすることによって、錆びを防ぐ、防水性を高める、抗菌性を高めることができ、さらに断熱性能も向上させることができます。

Categories: 未分類

Comments are closed.