屋根のリフォーム工事、塗装に掛かる費用がポイント

yanekoujiinfo.com On 8月 - 22 - 2016

屋根の雨漏りは塗装が原因?
屋根の雨漏りと聞くと、瓦などが剥がれてしまうなど、部分的な破損が見られた時に放っておくことで発生するトラブルというイメージがあるかもしれません。確かに、このような状況で雨漏りが発生するケースはもちろんあります。しかし、実は屋根塗装が原因で雨漏りが発生してしまうこともあるのです。本来屋根には防水加工が施されておりますので、破損が見られた場合であっても防水加工さえ機能していれば雨漏りは発生しない可能性が高いと言えます。ですがこれは逆に、屋根に破損が見られない場合であっても、屋根塗装の防水加工が剥がれてしまっていれば、雨漏りを発生させる原因となってしまうのです。

屋根のリフォームで一番避けたいトラブルは?
雨漏りが原因で屋根のリフォームが必要となった際、一番避けたいのは全面葺き替えです。雨漏りは専門業者の方であっても、原因箇所を完璧に断定することは難しい作業です。放っておけば被害はどんどん広がってしまうため、実はこんなところにも原因があった、なんてことも考えられます。そのような状況で雨漏り修理を行う場合、最悪全面葺き替えが必要になるケースも考えられるのです。全面の屋根をリフォームしなければいけないとなると、簡単に支払える金額ではなくなってしまう可能性があります。

屋根塗装の頻度はどのくらい?
このような被害を発生させないためにも、定期的に屋根塗装を行うことが重要となります。屋根の寿命は材質によっても異なりますが、およそ10年~50年程度です。そして屋根塗装が必要な頻度は、およそ7~8年程度に1回くらいが目安だとされています。屋根自体の耐久年数と屋根塗装の必要頻度はそれぞれ全く別物となりますので、どんなに丈夫な屋根を使用していても、屋根塗装は必ず定期的に行うようにしましょう。

Categories: 未分類

Comments are closed.