屋根のリフォーム工事、塗装に掛かる費用がポイント

屋根塗装リフォームには、外壁塗装と同じく様々な塗料が利用されます。
塗料によって屋根の修繕に掛かる費用は大きく変わるため、塗料の特徴を把握しておく事が重要です。
ウレタンやシリコン樹脂、フッ素塗装など、塗料によって様々なメリットの違いが存在します。

安いのはアクリルやウレタン

経済的に塗装を行いたいという場合には、アクリルやウレタン樹脂などの塗装材が利用されます。
アクリルは各種塗料の中でも特に低価格であるものの、耐久性が低いため屋根塗料としては一般的ではありません。
料金はやや上がるものの、ウレタン樹脂やシリコン樹脂系の塗料が多くの家庭で利用されています。

フッ素系

外壁塗装と同じく屋根塗装でも最も高価が高いのが、フッ素系塗料での塗装です。
耐久性と耐候性が非常に高く、20年近く効果を発揮するという特徴があります。
しかし、価格が高い高級塗料である事から一般家庭で使用される事はほぼ無く、高層ビルなどで利用されています。